学 校 概 要

学校長挨拶

 函館市のほぼ中央部に位置する本校は,函館市立凌雲中学校,函館市立的場中学校,函館市立光成中学校の3校が統合し,校区の変更により函館市立宇賀の浦中学校の一部も編入され,4校を基に平成30年4月1日に開校し、今年で3年目となります。今年度の在籍生徒数は1年生178名,2年生200名,3年生194名,生徒数572名。学級数は普通学級15学級,特別支援学級2学級の17学級となりました。
 今年度も,統合前の旧4校が長い歴史の中で培ってきた伝統を大切にしながら,巴中学校として新たな歴史と伝統の創造に向け,校訓である「自主自律」の精神を礎に,生徒が「自ら考え,自ら判断し,責任をもって行動する」ことを目指してまいります。
  学校経営の基本理念は「教育は人なり」。生徒にとっての最大の教育環境は教師であると考え、人との係わりを大切にし,生徒一人一人の将来の夢や希望の実現を目指すとともに,思いやりの心をもち,社会に貢献する生徒の育成を目指します。そして,巴中学校生であることを誇りとする学校づくりを推進するため教職員が一丸となって邁進してまいります。
 最後になりましたが,新型コロナウィルスの影響により生徒をはじめ保護者の皆様,地域の皆様,関係各位の皆様には,様々な場面で多大な負担をおかけしております。また、このような状況にも関わらず温かいご支援をいただいておりますことに深く感謝申し上げます。
 この困難な状況はまだまだ続くと思われますが、皆様のご協力を得ながら全生徒と教職員一同で何としても乗り越えていく覚悟です。今しばらく様々な面でご不便をおかけすることになると思いますが,引き続き本校の教育活動にご理解とご支援をお願いいたします。

函館市立巴中学校 校 長 佐 竹   聡